水道の蛇口の故障で水漏れした経験

自宅のキッチンの蛇口で、水漏れをした経験があります。ある日のこと、蛇口の根元の部分に小さな穴が空いてしまって、蛇口をひねると常に根元の穴から水が流れるような状態になっていました。半分以上の水が壊れたところの穴から溢れていました。蛇口を締めてもしばらくは水が流れるというような感じでどうしようもありません。

応急措置としてアルミテープで補強して使ってみたのですが、交換しなければならない時期を迎えてしまったようです。見た感じでは、蛇口の鉄の腐食が原因になっているようで、長年使っていたことで劣化してしまったのは明らかなことでした。

ひとまず業者に頼んで、交換工事を緊急にやってもらおうということになりました。父の知り合いの業者を利用することになりました。後日業者の人がやってきて、壊れた蛇口の様子を下見してから、蛇口の交換工事はすみやかに行われました。わりとすんなりと工事は完了したということを覚えています。

キッチンの蛇口が壊れるまでは、ハンドルをひねるタイプのものを使用していたのですが、新しい蛇口は最新式のハンドルを上下に動かすタイプに変えました。これによって蛇口の操作性が高まったことはありました。新しい蛇口を使ってみると、今までにあった水の鉄臭さというものが、無くなっているようでした。おそらく今まで古い蛇口は腐食していたので鉄の味が濃い時があったのでしょう。

水道の水漏れという問題の解決によって、他の幾つかのプラスな出来事が発生したのです。