床がぬれている!

中古マンションを買って引越しをして、1週間ほどたったある日、トイレの床に水がたまっているのを発見しました。そして、よく見ていくとトイレの置くにあるタンクと便器のつなぎ目の配管から水漏れをしているとわかりました。すぐに、玄関近くにある上水道のバルブを閉めて、下にぼろきれを敷き詰めてから、水漏れしているつなぎ目の部分を緩めてつなぎ目のねじを取り外してみると、配管と配管をつないで締め付けている部分のゴムパッキンが劣化して切れているのがわかりました。

近くのホームセンターで大きさが同じゴムパッキンを探して取り替えてつなぎ直して閉めてみると、水漏れは無く、しばらく状況を観察してみても水が床にあふれているということはなくなりました。

水漏れの場所にも寄りますが、ちょっとした水漏れであればだいたいは、配管と配管のつなぎ目にあるゴムパッキンの劣化によることがほとんどです。また、トイレのタンクの上から出る水は上水ですので、タンクからの水が漏れているようであれば上水道の元栓のバルブを閉めることで、配管をはずしても水が吹き出すことはありません。水が漏れているといっても原因はいろいろあるので、慌てないで状況や漏水の量を確認しましょう。

大量に漏れ出ている場合は便器の割れや詰まり、もしくは配管自体に問題があるばあいがあるので、取り敢えず水の元栓を締めて、専門業者様に状況を伝えましょう。また、必ず写真を撮っておくと後の参考や証拠になるのでお勧めです。